読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

日常を雑に記します

もったいないオバケ

昔むかし、ふと「もったいない」という言葉を
知人が意味不明に使っいたのを思い出したんじゃ。

お腹が空いていて初めていったラーメン屋でのこと
自販機で食券を買おうとすると、めし(小)めし(大)が
同じ値段だったので、大は絶対無理だし小のボタンを
押そうとした時、「もったいないから(大)にしなよ」と
言われたのじゃった。

意味は理解できなかったが半分食べてもらうという
ことを条件に2人ともラーメンとめし(大)を注文した。

今ではラーメンと小めしでもとても食べきれないと思うが
当時は腹いっぱいになったが美味しく完食したものじゃった。

一方知人は、満腹以上の苦しい様子で最終的には残してしもうた。
結局、もったいないことをしてしまっているのでは?と思うのだが
苦しい思いをし、得することすら何もないと考えてしまうのだけれど
そこまでする「もったいない」の意味が謎でしようがなかったんじゃ。

人それぞれ考え方はちがうし、いろんな方向(食物お金健康・・・)
から考えても「もったいない」の意味に未だにたどり着けないでいる。

でも、いつかきっと・・・